軽貨物輸送の特徴|ペット輸送やバイク便が迅速に届けられるワケ《運び屋マスター》

軽貨物輸送とは何なのか

軽貨物輸送は、正式名称では「軽貨物自動車運送事業」と言う配達方法です。軽自動車を使用して荷物を運ぶことが特徴で、ドライバーは車両を自分で用意して、運送会社と契約した個人請負業者であることが多いことも特徴です。

軽貨物輸送とはどんな仕事なのか

個人で仕事を請け負っている

軽貨物輸送の最大の特徴は、ドライバーは個人事業主であることです。そのため、ドライバーは自分で車両を用意することが大半です。事業を始めるためには、陸運局に届け出をするだけですぐに開業することができます。

主に大手宅配事業者の委託を受けます

自分だけで生活に必要な全ての仕事を取ってくることは、ほとんどありません。そのため軽貨物では、大手の運送業者などの配達を代行することが主な仕事になります。そのなかでももっとも多い仕事が宅配業者の代行です。特に最近はネットショッピングなどで宅配の需要が高まっているため、より比率が大きくなっています。

ルート配送なども請け負います

軽貨物では、ルート配送もよくある仕事です。決まったルート通りに定期的に荷物を運ぶ仕事です。大手事業者の斡旋で仕事を受ける場合もあれば、荷主となる会社などと直接契約している場合もあります。

個人の依頼を受けることもあります

大手事業者の委託や、会社との直接契約の他に、個人から依頼を受けることもあります。個人との契約の場合は、他の契約と比べて、仕事内容が多岐に渡ることが多いです。主な内容としては、引っ越しの荷物運びなどが挙げられます。大手事業者に比べ、融通が利くことが双方の利点です。

軽貨物輸送の特徴

木製の車

軽貨物の需要が高まっています

インターネット通販などの物流が増えている現在、軽貨物の需要はさらに高まっています。荷物を運べる自動車さえあれば開業が可能ということもあり、軽貨物を扱う会社がどんどん増えることでしょう。

軽貨物は様々な場面で活躍できます

軽貨物は個人事業主であるため、自分で仕事を探すということがメリットであり、デメリットでもあります。そのため、大半の軽貨物では空いている時間でも仕事を取れるように、求人サイトなどに登録していることが多いです。また軽貨物は企業だけではなく、一般個人のお客様の仕事も引き受けていることもあるため、さらに多くの場面に対応することができます。

広告募集中